2007年09月09日

夏のしるし

セミのぬけがら…たくさん…

セミの鳴き声もわずかずつ小さくなってきました。
あぁ、今年の夏ももうおわりだなぁという気にさせられます。
ひと夏を一瞬に駆けぬけたセミたち。
けど地上に出るまでには地中での長い長い下積み生活があるわけです。
抜け殻のひとつひとつには、哀愁を感じてしまいます。

で、上の写真。
先日、防災訓練が近所であったとき、子どもたちが嬉々としてもって帰ってきました。
なんでも避難訓練した中学校の中庭で見つけたとか。
近所の人も、
 「ほら、ここにもあったよ(^o^)/」
 「こんなにたくさんあったら入れる袋がいるわね(^^)」

なんだかたくさん集まってしまいました。。。
で、これどうすんの?^_^;

posted by だのん at 05:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 生き物






2007年07月14日

つ、ついにカブトムシがさなぎに!

カブトムシのさなぎだ〜

うおっ!

うちのカブトムシのケースは玄関においてるんですが、
何かがニョキッと出てる〜。
これは、これはついに、カブトムシがさなぎに〜るんるん
しかも明らかに、オスだ〜ひらめき

さなぎはホントは土の中にいるはず。それが何かの拍子に出てきたのかなぁ?
他の5匹は出てないし、さなぎになったら触っちゃいけないらしいし…。
で、兄貴が上から土をかけて、埋めてあげました。
これで、もう少ししたら、立派な成虫になってくれるでしょう!

では角度を変えてもう1枚、どうぞ。

オスだ、オスだ〜



posted by だのん at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物






2007年06月16日

ラベンダーの蜜を吸う謎の昆虫?

忙しげに飛び回る蜂?

夕方、庭にでてみると、ラベンダーの辺りからブーンという羽音。
え、何?
そう思って近づくと、なにやらでっかい虫が忙しげに飛び回っている。
ラベンダーの花から花へ。動きを止めずに一生懸命。


ところで、これ何?


ハチなのか何なのか。大きさは3センチくらい、かな。
背中のふさふさした感じはハチっぽいけど、尾っぽのほうは違う気が。。

5分くらいで、おなかいっぱいになったのか、視線を感じたのか
飛び立っていってしまいました。

あなたはいったい誰ですか?
また来てもいいけど、今度は名前教えてねるんるん

あなたはいったい誰?
posted by だのん at 18:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物






2007年05月25日

た、大量のカブトムシのうん☆…

去年の秋、兄貴の友人宅でカブトムシの幼虫をもらってきました。
その数、6匹。

「全部育てるんだい!」

というわけで、3匹ずつ、二つのケースに入れました。
図書館本でカブトムシの飼い方を調べて自分たちでお世話します。
無事に冬雪と春晴れを越し、すくすく成長グッド(上向き矢印)してるようです。

で、先日、そのお世話の様子を見せてもらいました。
するととんでもないことになったのです!


カブトムシの幼虫のうん☆…
ちゃんと生きてます。そして生きた証を残してます…

そんなにすごいのか…(・・;) 続きを読む
posted by だのん at 18:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 生き物






2006年11月24日

亀田興毅かカマキリか シャー!!

カマキリ、ファイティングポーズ!

庭に出没、暴れん坊!パンチ
いやいや、別に何もしてないって。
そんなに怒らないで〜 ヒィィィィィ(゚□゚;ノ)ノ

最近、カマキリ、よく見かけます。
それもおっきいの。
ついカメラ向けたくなるけど、そしたらこのファイティングポーズ。
かかってこんかい!(>< ;)☆◯(▼▼ )o バキ!!
いや、遠慮しときます…あせあせ(飛び散る汗)

だってにらむんだもの…。

ジロリ…なんか文句あんのか?

 
posted by だのん at 12:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 生き物






2006年06月08日

テントウムシのさなぎ!だよ♪

最近、ウチの庭によく出没してるヤツがいます。

こいつですっ!

テントウムシのさなぎだって!

なんだか分かります??
変な毛虫exclamation&question ¨***〜

答えは…、テントウムシのさなぎ なんですってexclamation×2

これは兄貴に教えてもらいました。

まず母ちゃんが見つけて、兄貴に聞いたらサラリと答えたそうな。
さも涼しげに、あたりまえのように。
「それ、テントウムシのさなぎだよるんるん

ま、テントウムシに見えなくもないけど、けど、けど…ー(長音記号1)
父ちゃんと母ちゃんは一応ネットで調べてみました。。。

ん。確かに。(゚〇゚*)

兄貴の解説では、こんな感じで何回か脱皮を繰り返した後、
まず羽がまっ黄色の成虫になるそうです。
その後、だんだん色がついて星がでてくるそうな。

なんで、そんなこと知ってるの??って兄貴に聞いたら、取り出した1冊の本。
かがくらんど別冊 はるのずかん

幼稚園でもらったもので、もうぼろぼろ。
いろんなとこがテープで補修してありました。

すごいね〜、そんだけ読み込んでんだ、といたく感心したのでした。ぴかぴか(新しい)
兄貴は<( ̄^ ̄)>エッヘン ちょっと得意げ。

では、別角度からもう一枚。

これもテントウムシのさなぎだ〜

こんなのを今年はあちこちで見かけます。
よしよし、みんな元気に大人になって、アプラムシちゃんを食べてくれよ〜o(>_< o)

posted by だのん at 22:17 | Comment(8) | TrackBack(0) | 生き物






2005年11月19日

ある日のショウリョウバッタ(オンブバッタかも)

バッタ1

バッタ2

バッタこっそり

バッタ退散

庭にはいろんな虫がいるけど、彼、ショウリョウバッタ君もよくみかけます。
子供の頃は、よく捕まえて遊んだものです。
うちの子たちもしょっちゅう捕まえてる。
バッタ君からすると、やべ、逃げないと。。。゛(ノ><)ノ ヒィ、と思ってるでしょう。

このバッタ君たち、遊び相手にはいいんだけど、
食べちゃうんだよね〜、葉っぱ。
ミントなんかもよく食害されてます。

母ちゃん、バッタを見つけると、兄貴に
つかまえて広場で放してきて!

兄貴は嬉々として、バッタをつまんで走っていきます。

すぐそばなので、バッタ君ももどってくるんだけどね…

 
<11.23追記>
かおるさんのコメントで調べてると、ショウリョウバッタでなくオンブバッタの気がしてきました。
触覚が短いし、サイズも小さかったような。。
あいかわらず観察眼のない私がここにいますρ(・・、)
posted by だのん at 07:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 生き物






2005年11月15日

花の蜜吸う虫たち 〜〜∞

ハチ

庭でボーっと花を見てると、たくさんの虫たちがやってきます。
名前もよく知らない虫たち。
いったいどれぐらいの種類いるんだろ。
ルリマツリモドキの花は、蜜が多いのか、ホントたくさんの虫が
次から次へとやってきました。
そんな虫たちを写真に収めてみました。( -_[◎]oパチリ

チョウ

チョウ2

ハチ2

チョウ3

一匹、花から離れたところから長いストローで蜜を吸うオオスカ?、
これが1秒ごとに花から花への秒殺で、撮れませんでした。
今度は撮ってやる!( ̄0 ̄)〇!
 
posted by だのん at 22:16 | Comment(10) | TrackBack(0) | 生き物






2005年10月19日

にょっきり角の生えた親父さん

水族館で見て、みょ〜に気になったやつ。
ぷかぷか〜と浮かびながら、行ったりきたり。
見てるだけで全然あきないです
しばらく(5分くらい)ぼ〜っと眺めてましたが、なかなかの人気者。
たくさんのヒトがいっしょに写真とったりしてました。

コンゴウフグのおじさん

口をとんがらかして、何かいいたげな表情。
コントの泥棒のような口の周りの丸いひげ(見たいなの)
けどお名前がわからなかったのでググりました。
「角 フグ 水族館」

で、彼の名前は「コンゴウフグ」と判明。
「コンゴウフグ」って、意外と強そうな名前なのねぇ、おじさん!∈( ゚)◎(゚ )∋
 
posted by だのん at 00:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 生き物






2005年10月10日

みなぞう君、安らかに。。

10/4、新江ノ島水族館のみなぞう君が急死しました。
11歳、人間でいうとまだ30歳〜40歳の男盛りだったそうです。
自分と同じくらいやん。。早すぎます。。

みなぞう君、看板ですまん。。
なぜかホンモノの写真がない。。かなしー(・_・、)


はじめて見たのは旧江ノ島水族館の頃、5年くらい前かな。
広々としたところに、どて〜っと大きな体で横たわってました。
こんなおっきな動物いるんだな〜っと心底びっくりしたのを覚えてます。
体長4.5メートル、体重2トン。
遊びに来てもうちにゃはいらないな。
なぜか両目がすごい充血していて、少し怖かったです。
それから何度か見に行って、子供たちも驚きながらも気に入ってたみたい。
江ノ島水族館にはみなぞうに会いにいくって感じでもあったので、さびしくなります。
これまでたくさんの人を喜ばしてくれてありがとう。
みなぞう君、これからは天国で安らかに暮らしてください(・ω・)/
 
posted by だのん at 14:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物






2005年08月10日

魅惑のヤドクガエル

昨日水族館にいってきました。
夏の暑い日、薄暗い中で青く透きとおった光の中に浮かび上がる魚たちを見るのはとても心地よいものです。
子供たちの手を引っぱるのも忘れて見入ってしまいました。。。

今回のボクの目当てのひとつはヤドクガエル。
村上龍の「半島を出よ」に出てきて初めて知った猛毒をもつカエルくん。
本のカバーにもその美しい姿の写真が使われていて、こんな綺麗な生き物がいるんだと惹かれてしまった。

050809_154311.jpg

050809_154104.jpg

さあどこにいるのかな、と思いながらずっと見てましたが、
いましたいました、展示の最後の最後に5種類ほど。
サイズは小さく2〜3センチくらい。
色は種ごとに違って、光沢のある緑、青、黄色と黒のまだら模様。
思わず水槽に顔をくっつけて、へぇ〜と息をもらしてしばらく眺めてました。
よその子供に、変なおじさん!という顔で見られたけど。。


posted by だのん at 18:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 生き物






2005年08月01日

アライグマ大地に立つ!

050731_134320.jpg


050731_134501.jpg


050731_134655.jpg


公園の動物広場。
5匹のアライグマ。
昨日はヒトもぐった〜となる暑さで、アライグマくんたちもぐったりしてて当然。。。
と思いきや、突然立ち上がる〜!!。
そう、隣で見てた子供たちがマシュマロを投げたのでした。
(ちなみにうちの子じゃないです)

それはもう、こっちに投げて〜というのがビシバシ伝わってくる切実な動き。
今、このために生きている!という集中力。
お菓子がなくなるまでの約3分間、彼らは闘ってました
いいもん見れた〜。

posted by だのん at 06:15 | Comment(8) | TrackBack(1) | 生き物






2005年07月30日

カナブンと遊ぼう!

子供たちが広場でカナブンをつかまえて帰ってきました。

050717_171458.jpg


そうなるとやっぱり、


050717_171946.jpg


ほんでもって


050717_171725.jpg


けど。。。


050717_171834.jpg

これってカナブン?コガネムシ?違うんだっけ???

うちの庭を掘り返すとゴロゴロでてくるのは、コガネムシの幼虫。
こいつがたくさん食い荒らしてくれる。
子供達は「わーい、クワガタの幼虫だー」と言ってるけど違うのよー。

さて、このカナブンくん、子供たちにかわいがられ、いやさんざん小突き回されすっかりおつかれのようでした。
そしてあきたころに上からミニバケツかぶせられて((・∇・ )ヾ(-_-;) オイオイ)、次の日…
いなくなってたそうです。
無事に森に帰ったのか、はたまたどこかに旅立ったのか。
頼むから仕返しにうちの庭、食い荒らしにこないでね〜。
少しならいいけどさ。。
悪いのは子供たちですから。。
 
 


posted by だのん at 01:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | 生き物






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。