2005年08月10日

魅惑のヤドクガエル

昨日水族館にいってきました。
夏の暑い日、薄暗い中で青く透きとおった光の中に浮かび上がる魚たちを見るのはとても心地よいものです。
子供たちの手を引っぱるのも忘れて見入ってしまいました。。。

今回のボクの目当てのひとつはヤドクガエル。
村上龍の「半島を出よ」に出てきて初めて知った猛毒をもつカエルくん。
本のカバーにもその美しい姿の写真が使われていて、こんな綺麗な生き物がいるんだと惹かれてしまった。

050809_154311.jpg

050809_154104.jpg

さあどこにいるのかな、と思いながらずっと見てましたが、
いましたいました、展示の最後の最後に5種類ほど。
サイズは小さく2〜3センチくらい。
色は種ごとに違って、光沢のある緑、青、黄色と黒のまだら模様。
思わず水槽に顔をくっつけて、へぇ〜と息をもらしてしばらく眺めてました。
よその子供に、変なおじさん!という顔で見られたけど。。


posted by だのん at 18:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 生き物






この記事へのコメント
こんなに綺麗なかえるがいるんですね!
模様がすごい〜びっくりです〜
かえるちゃんは苦手だけど、この模様、
ぜひ一度実物を見たいナァと思うのでした〜 (^_-)★
Posted by 花より団子 at 2005年08月16日 18:47
花より団子さん、やっぱ世界は広い。
いろんな生き物がいますねー。
同じ種類でも個体によって模様が違うので、
何匹か並んでると見ごたえがありました。
いろんな水族館にもいるようですが、なんとペットとしても売ってるみたいです。
確かに手元に置いて鑑賞したい気もするけど、
なんでもかんでもペットにするってのもなー。
Posted by えすぺらんさ at 2005年08月16日 23:36
かえるは好きなんですよ〜。
きゃ、と変に喜んでしまいました。
激しく毒々しいけれど、この模様は芸術ですね。
美しいものにはとげがある?
きっと皮膚から毒が入っちゃう種類ですよね。
触っちゃだめよ、といわれてもつい手のひらに載せて眺めたくなっちゃうかえるさん。

Posted by kaoru at 2005年08月18日 10:20
かおるさん、確かに毒々しいくらい原色。
こんな色のキノコが生えてたら間違いなく毒キノコです。
けど、触って眺めたくなりますねー。

ヤドクガエルの毒は、生息地に住む餌の蟻からきてるらしいです。
だから別の餌を与えてると毒ができないとか。
一度飼ってみる??
Posted by えすぺらんさ at 2005年08月19日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。