2006年10月26日

映画「ワールド・トレード・センター」に涙!

母ちゃんとふたりで映画を見に行きました!映画
久しぶりのことです。あせあせ(飛び散る汗)

映画はボクが選びました。

「ワールド・トレード・センター」
そう、あの9.11の映画です。

公式サイトはこちら
 
2001年9月11日、その日の夜テレビをつけると、煙の上がるビルの映像。
これはいったい何?

それから、どこのチャンネルでもそのニュースばかり。
それが、飛行機がワールド・トレード・センターに激突したのだと、
しかも2機もぶつかったのだと知って、衝撃を受けました。
さらに2機が墜落したと…。

まだ2歳だった兄貴をひざにのせて、ニュースにかじりついていたのを覚えています。
妹は母ちゃんのおなかの中。
生まれる1ヶ月前の出来事でした。

そしてあのビルがまさか崩れ落ちるとは…。
その映像もまさに衝撃的でした。

いったい何人の人が亡くなったのだろう?
何人の人が助かったのだろう??


母ちゃんの友人のご主人がちょうどNY出張中で、連絡がつくまでは大変だったときいてます。
ボクの会社の後輩が、ちょうど新婚旅行でアメリカ滞在中で、
大変な思いをしながら帰ってきたといってました。


映画は、ワールド・トレード・センターに救助にいった港湾警察のメンバーが
ビルの崩落に巻き込まれ、救出されるまでを描きます。


救出される側、する側、取り乱す家族…。

映画を見る前には、どんな映画かの前知識なく見に行きました。
漠然と、救出に入った消防士の映画なのかな、と思ってたけど違いました。

しかし、この映画を見てよかった。

この事故では3000人弱の人が亡くなり、救出された人数はわずか20名だそうです。

3000人にも、20人にもみな家族があり、生活があった。
この映画では、救助された2人の家族を描くことにより、
亡くなった3000人の家族も描き出そうとしているように感じました。

しかし、奇跡的に生存した家族と、亡くなった人の家族には、
超えられない大きな壁があります。
その壁の大きさに、命の尊さに、改めて思いをめぐらせます。ぴかぴか(新しい)

そしてどうしても、阪神大震災や、去年の宝塚線の事故を思い出さずにはいられませんでした。

最後のシーンでは、どうしてもこらえきれずに涙を流していました。
スタッフロールが流れる中、眼を閉じて、音楽を聴きながら、涙が止まらなかった。
横にいた母ちゃんもハンカチを目に押し当てています。

今、公式サイトで流れる音楽を聴きながら、この文章を書いていますが、
目をつぶればまだラストシーンが浮かびます。


亡くなった多くの方に哀悼の意をささげます。
そしてこんなことが2度と起こらないように祈るばかりです。

 
posted by だのん at 23:46 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記






この記事へのコメント
映画デート いいですね(^^

私も 飛行機がビルに衝突する映像を見た時は
映画のワンシーンかと思いました。
こんな事が現実に起こるなんて思ってもみなかったので。
こういう出来事は 二度と起こしてはいけませんね。
Posted by みーみ at 2006年10月27日 10:13
こんばんは!
9.11の事故が起こった時、呆然と「何これ?」とテレビを見つめてました。上の子を寝かしつけるために布団に入ったのですが、しばらくして「もう一機激突した」「ビルが崩れた」と、旦那が逐一報告してくれたのを思い出します。
本当に、映画か何かかと…。現実のものとは思えませんでした。

最近、映画情報には疎くなってしまいましたが、久しぶりに映画館に行って見たいと思いました。
教えてくださってありがとうございます、です。
Posted by おこ at 2006年10月28日 00:06
★みーみさん
子どもができてから、二人で映画行くのなんてなかったことです。
今回はたまたまでしたが、またいけたらな、と思いました(^^)

確かにあの映像は映画のシーンかと思いますよね。
NYの高層ビルに激突する飛行機。煙がでる様子…。
ダイハード2で飛行機が使われていましたが、あれよりも現実は恐さがあります。
そしてなんで?どうして?という思い。
遠く離れたところで起こったこととはいえ、テロの恐さを思い知りました。
それからも世界のあちこちで続くテロ。
なくなってほしいものです。自分には願うしかできません。
Posted by だのん at 2006年10月28日 10:41
★おこさん
何の気なしにつけたテレビでうつっていた煙をあげるビル。
ホント、何これ?でしたよね。
日本人を含めたくさんの国籍の方がなくなりました。
世界中が悲しみにくれた事件でしたね。
あれは風化させてはいけないものです。たぶん一生おぼえてるだろうな。

子育てがあると映画館が遠くなってしまいますよね。
最近はシネコンが増えて、レディースディなんかで安い日もあるみたいなので、
一度いかれてみてはいかがですか?
きっといいリフレッシュになりますよ!
Posted by だのん at 2006年10月28日 10:47
初めまして、だのんさん。 長文失礼します。夫婦での映画鑑賞イイですね。
この「WTC」は賛否が大きいとも聞きますが、考えさせられる物があるようですね。
私はDVDでの鑑賞になりそうですが、実は社会派のストーン監督が密かに散りばめた
コード(暗号)が色々と隠されているとも解釈されてますね。そのヒントとなる
「重要」な生還者のロドリゲス氏が先月来日してました。(LINK先に来日音声も)
http://harmonicslife.net/Blog/2006/JimmyWalterTVAds/comm_william.wmv

アメリカでは「9.11テロの様々の疑惑」が報道番組でも議論されていますが、
弱冠22歳のディラン・エイブリー監督作品が大手メディアをも巻き込み、世界中で
「9/11 Truthムーブメント」現象が注目されています。この有志・自主検証映画の
「LOOSE CHANGE = ルース・チェインジ」が話題なのをご存知でしょうか?
日本版DVDは12月に登場の模様で「無料ネット配信」予定もあるとの事です。

この情報に触れると「9・11映画」を新しい目線で観る事になるかも知れません。
最新NYタイムズ調査で28%が、911公式報告は「ほとんどウソ」と感じています…。
ネット新世代が作った日本語版・検索語「LOOSEチェンジ」の海外TV紹介などは
下記BBSの「9月21日」を。NHKも報じない今年の9月11日のNYデモの動画。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv

何らかの参考になればと。 尚、送信内容やリンク先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://rose.eek.jp/911/
http://8136.teacup.com/empire/bbs
Posted by White・Rabbit at 2006年11月09日 12:19
★White・Rabbitさん
はじめまして。コメントありがとうございます<(_ _)>
ロドリゲス氏の肉声ですか。なるほど。貴重な情報ありがとうございます。
「LOOSE CHANGE」は知りませんでした。
週末にでもゆっくり見させていただきますね。
映画を見ただけで、なにか満足していた気がしますが、
もう少し掘り下げて、いろいろと興味を持って調べたい気がしてきました。
本当にありがとうございます。

Posted by だのん at 2006年11月10日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26227657

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。