2009年06月28日

『1Q84』BOOK1&BOOK2 村上春樹

これまでもふたつのストーリーがパラレルに語られるものはあった。
『海辺のカフカ』にしてもそうだし、古くは『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』もそうだ。
だがそのパラレルワールド度合いは『1Q84』では抑えられている。
青豆の物語と天吾の物語は早い段階でリンクしだす。
当初はBOOK2に入ってからと想像していたが、以外にもBOOK1後半で交じり合いだした。
世界も不思議度は低く、現実世界(1984年のという意味で)を超越したものではない。延長線上にあると思える…。
と思っていたのはBOOK2の中盤までで、そこからは怒涛のごとく不思議ワールドが展開されていく。
『空気さなぎ』を契機として。

発売まで書籍情報をまったく出さないことで読者の読みたい心をくすぐり、
かつそれは今のところ成功したわけだが、満足度という点ではどうだろう。
妻は、話題性から初めて村上春樹を読んだ人ってわかるのかな?と言っていた。
確かにこれは村上春樹が書くストーリーで、村上春樹が書く文章・言葉遣いで、
村上春樹が書く主人公と音楽である。
この世界に昔から(例えば『風の歌を聴け』から順に)浸っているものにはとても居心地よく感じる。
けどこれが村上春樹か〜というある種残念感を抱く初めての人がいたとしたら、
別の作品も読んでほしいと思う。
もちろんこの本の再読も含めてだが。



41035342221Q84 BOOK 1
村上 春樹
新潮社 2009-05-29

by G-Tools


41035342301Q84 BOOK 2
村上 春樹
新潮社 2009-05-29

by G-Tools


最近、伊坂幸太郎や東野圭吾の作品が立て続けに映像化されている影響か、
さらには村上春樹の『ノルウェイの森』が映画化されるという話題の影響からか、
本を読み出すと、登場人物を現実世界の人間、それは女優さんであったり男優さんであったりするのだが、それをすぐに想像してしまう癖がついてしまった。

この本でも第一章で青豆がタクシーに乗っている中の青豆の容姿の描写、話す内容・考え方の断片で、すでにある一人の女優さんにボクの中では決まってしまった。
(妻に話すと、ふーん、なるほどねぇと納得された)
すでに4ページ目くらいでは決まっていた気がする。
あと、イメージがわきやすかったのが婦警のあゆみ。
こちらはバラエティで活躍しているあの子がお似合いな気がしている。
(これも妻の納得済み)

逆にイメージがわきにくいというか、それにしか思えないというのが、さきがけのリーダー。
どうしてもあの人とかぶってしまうのはボクだけではないだろうと思う。
『アンダーグラウンド』と『約束された場所で』を経て書かれた『1Q84』には、カルト宗教というものが大きな役割を果たしている。
これが村上春樹がたどりついた答えなのか、は分からない。
ただ単に小説の小道具として“たまたま”カルト教団だったのかもしれないが。


あらすじは…
どうもまとめにくい。1984年からそれた1Q84年に導かれて入った人達の物語、とでもいえばいいのか。
というわけであえて内容には触れず、感じたことを書いていこうと思う。


いつも思うが、村上春樹作品の主人公たちは正しい生活をしている
たとえそれが悪い行いをするものであっても、決してだらけていない。
いつも自分に対してストイックである。
(本人たちはそれをあまり意識してないかもしれないが…)

ひとつは食生活。
30歳前の独身男性が、きちんと夕食を作る(それだけでもボクからすると驚きである)。
なおかつそのメニューが凝っている。

天吾は『マザーズ・リトル・ヘルパー』や『レディ・ジェーン』を聴きながら、ハムときのことブラウン・ライスを使ってピラフを作り、豆腐とわかめの味噌汁を作った。カリフラワーを茹で、作りおきのカレー・ソースをかけた。いんげんとタマネギの野菜サラダも作った。料理を作ることは天吾には苦痛ではない。彼は料理を作りながら考えることを習慣にしていた。

自分の過去の(独身時代の)食生活を思い出すと…コンビニ弁当・カップラーメン・冬場はコンビニおでん。
たまに自炊するといっても、豆腐を買ってきてネギを刻んで乗せただけの冷奴や、
丸美屋の麻婆豆腐、ご飯は研いだ米に混ぜてたくだけの釜飯などなど。
そして必要以上の皿は使わない。
できる限り鍋やフライパンから直接食べて、なんとか洗い物を少なくしようとする。
こんな人間は村上春樹の小説には決して登場できない。

また自然と運動をしていて、主人公たちはいくつであっても無駄な贅肉がない身体をしている。
ビールを飲むシーンはよく出るが、ビール腹の主人公はでてこないのである。

これらは村上春樹本人の生活に起因することが大きいのだろう。
けどそれを読む大部分の人は劣等感を感じるかも。
あるいは開き直った態度か。ボクはあきらかに後者(^^ゞ


青豆と天吾。離れて20年たつふたり。
しかし根底では引き合っていることが分かる。
ここまで研ぎ澄まされたものではないが、次のフレーズはなぜか心に響く。

そのあとずいぶん長いあいだ、天吾は自分の行いを悔やむことになった。より正確に言えば、行いの欠如を悔やむことになった。その少女に向かって語るべきで話さなくてはならないことが、天吾の中にはちゃんとあったのだ。また後になっった言葉を、今ではいくつも思い浮かべることができた。彼女に話したいこと、て考えれば、彼女をどこかで呼び止めて話をするのは、それほどむずかしいことではなかった。うまくきっかけを見つけ、ほんのちょっとした勇気を奮い起こせばよかったのだ。しかし天吾にはそれができなかった。そして機会は永遠に失われてしまった。

行いの欠如。

思えばボクの10代、とりわけ18歳まではその言葉がぴったりはまる気がする。
今の若者たちにはこの「行いの欠如」という機会は少ないのかもしれない。
(といえば、うがったみすぎなのかな…?)
けど80年代に10代の多感な時期を過ごしたボクは、「行いの欠如」の連続だった気がする。
今でもその「行いの欠如」を思い出して、あのときああしていれば、ということはある。
まぁ天吾ほどピュアな思いではないので比べると怒られるかもしれないが…。



青豆と天吾のふたつの物語はリンクした。
二人は引き合っていた。
20年間たってもそれが唯一というのは哀しくもあり、うらやましくもある。

いくつかの部分で謎は解明されないまま終わった。
また読み返してみれば新しい発見があるのだろうと思う。
あるいは、この本がこれまでの長編とは異なり、上下巻でなく、あえてBOOK1/BOOK2として出されたことからBOOK3の存在が少しだが想定されることも。
もし続編が出るのであれば、そこで謎は解明されるかもしれない。
けどそれが出ないとしても、謎が謎のまま残るのは近年の村上春樹作品の特徴でもあるわけで、さして驚きはしないが。


今はこの2冊の長編を読み終えぼーっと余韻に浸っているところだ。
語れる人とはこの作品について感じたことを語ってみたいと思う。
村上春樹ワールドから抜け出すのは思いのほか困難だ。

タグ:村上春樹
posted by だのん at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本読んだ






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122385749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『1Q84』村上春樹
Excerpt: 青豆と天吾が、失われた過去を取り戻そうとする話。 ビッグブラザーはもういない。 社会が一つの方向に向かって動くことが難しくなると、多様なコミュニティがとルールが生まれる。 それは家族..
Weblog: CHAOS(カオス)
Tracked: 2009-06-28 23:15

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。